2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

@ゲーム

  • FFxiv
    FFXIV PROF
  • ぺたっとセルフィ
フォト

他のアカウント

« オーディンスフィア リプレイ日記7 「ワルキューレ」第二章 | トップページ | オーディンスフィア 二次創作小説 その2 グウェンドリン×オズワルド 「みどりなる森」 »

2007年7月 6日 (金)

オーディンスフィア リプレイ日記8 「ワルキューレ」第二章

リプレイ日記7の続きです。先に7読んで…読んでなくても、別にわからなくなったりするような内容ではないですが。



グリゼルダが命がけで闘っていたから、グウェンドリンが守られていた部分もあるかな、みたいなことに書きましたけど。

でも、そのためにグリゼルダもいっぱいいっぱいで、その努力が、本当や自身や妹の為になっているか、考える余裕がなかったのかも。あるいは、それを考えるのが怖くて、ひたすら目前の戦いの中へ逃げ込んでいたのかも。

そういう姉の余裕のなさ、姉の恐怖感、そんな部分を、支えていたのはグウェンドリンだったのではないか。グウェンドリンにとってのミリス的な存在って、グリゼルダにとってはグウェンドリンだったんじゃないか、って。

きっと、グウェンドリン自身にも、姉と同じ恐怖もあっただろうと思う。「闘えば本当に父が愛してくれるのか」とか、怖くて、とても考えられない。否定的な答えが出てきてしまいそうな予感が、内心にひしひしと満ちているから。だから、姉と共犯関係になった。

また、姉に、甘えたい気持ちがあったのも理由かもしれない。姉に従い、姉を支えることで、自分を守ってもらいたかった、自分自身は戦いから一歩引いていたかった、そんな気持ちもありそうです。そんな風に甘えちゃったことを、グウェンドリンは姉に対して申し訳なく感じているところが、強いように感じます。

でも、ただ、それだけじゃない。亡きグリゼルダに対して「話が違うじゃない」と、本当は抗議したいんじゃないか。

姉は、自分だけ何かを成し遂げたような満足げな顔をして、ひとりで逝ってしまった。

でも、それが何になったというのか。それで得られたのは武将としての栄誉だけではないか。お父様が褒めて下さる、お姉様は確かにそうおっしゃったのに、だから、私も信じて、崇めて、ついてきたのに。

違った。

では、私はこれからどうすればいいの。

お姉様はあんなに自信に満ちて、真理の卸元のようだったのに、今になって、間違っていたことが分かるなんて。しかも、姉は、いわば勝ち逃げだ。自分だけは達成感の中で充実して死んだ。

「ずるい」と、グウェンドリンは絶叫したいのではないだろうか。



この場面でのグウェンドリンにとっては、ベルベットは、まだ全然関係ない人と思っているはずなんだけど。しかし、どこかにグリゼルダのイメージが重ねられている感じがするんです。

年恰好がグリゼルダと近いし、サイファーも持っているし。自分よりやや年上くらいの若い女性で、上から見下ろすように話しかけてくる相手なんて、グウェンドリンには、多分、姉しかいなかったでしょうし。連想する要素はいっぱいある。

でもなにより、さっき書いた「こっちだって、いろいろ大変なのよ。あんたみたいなお子様にわかんないでしょうけどね!」と言わんばかりの物腰が、一番、生前のグリゼルダを彷彿とさせたんじゃないかな、とか。

「お姉ちゃんが大変だろうと思うから、私はずっと言うこと聞いてたんじゃない!」

「自分ばかりかっこつけて、満足して死んで」

「それなのに、私は置いてきぼり」

「お姉ちゃん知らないでしょうけど、あんた間違っていたのよ!」

グウェンドリンは、言いたいことが、いっぺんに駆け上がってきたりしたのではないかな。

それなのに、目の前の女性は言うのだ。

「そんなものは魔王に都合のいい虚言なのです」と。

王が皆を騙しているというのか。

自分達が、自分と姉が、王のために命をかけて戦えば、きっと愛してもらえると信じているのが、嘘だというのか。

なぜだ。

なぜ今更そんなことを言う。

お姉ちゃんがそう言ったから、私は信じたんじゃないか。

愚弄すると許さんぞ!

てな感じ? 



この時点では、八つ当たりと言ってもいい怒りをベルベットに向けている、とおれは思いました。

それが、八つ当たりだけど、八つ当たりじゃなかった、という展開で、話がぐぐっと面白くなっていくわけです。



この話はもうちょっと続くけど、長くなったから、続きはまた今度。

« オーディンスフィア リプレイ日記7 「ワルキューレ」第二章 | トップページ | オーディンスフィア 二次創作小説 その2 グウェンドリン×オズワルド 「みどりなる森」 »

ゲーム」カテゴリの記事

オーディンスフィア」カテゴリの記事

リプレイ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーディンスフィア リプレイ日記8 「ワルキューレ」第二章:

« オーディンスフィア リプレイ日記7 「ワルキューレ」第二章 | トップページ | オーディンスフィア 二次創作小説 その2 グウェンドリン×オズワルド 「みどりなる森」 »

無料ブログはココログ

twitter